HOME  /  美白美容液の浸透性

美白美容液の浸透性

美白美容液の効き目の決め手は、ズバリ浸透性だと言っても過言ではないかもしれません。
どんなに良い成分でも、肌の中へきちんと有効成分が届かなければ、ただの表面的な保湿になってしまいます。
保湿ももちろん大切ですが、それではコストをかける意味がありませんね。 美白美容液は浸透させてこそと心得ましょう。

浸透テクノロジーに注目

美白美容液の各社とも、美白美容液の浸透性についてはかなり研究開発を続けています。
世界的には特許なども取得しているメーカーもあり、ドクターズコスメやサイエンスコスメが美白美容液では人気が高いのも頷けますね。
美白美容液は、メラニンを作るメラノサイトに成分が届かなければ、効果を発揮出来ません。
そして届いた後はすぐに分解されたり蒸散してしまうのではなく、いかに長く留まらせるかも大事になってきます。

分子のナノ化

多くのメーカーが実施しているのが、有効な分子のナノ化です。
ナノテクノロジーが生活を変えると言われてからかなりの年月が経ちますが、確かに美白美容液の世界では私たちの身近な技術となっています。
肌にはバリア機能があり、外部からの異物やウィルスなどを内部へ入れさせない作りになっています。
これは当然必要な機能で、言ってみれば美容成分も肌にとっては異物になりますので、通常の状態ではガードされてしまいます。

そこでナノテクノロジーで非常に小さなサイズにまで低分子化することで、肌の内部へ成分を入れる技術が開発されました。
効き目の高いと言われている美白美容液のほとんどは、採用している技術です。

成分のカプセル化

これもまた多くのメーカーが採用していることですが、肌に入れた有効成分を長く内部で留めるために、成分をミニミニカプセルに入れることで長く作用させる技術などが使われています。
夜寝る前に塗ると、寝ている間ずっとケアをしてくれる美白美容液などは、こうした技術が使われていることが多いですね。

手軽に入手出来る美白美容液ですが、実は最新技術が駆使されているわけです。

ページトップへ