HOME  /  美白美容液を使うコツ

美白美容液を使うコツ

美白美容液を使っても、なかなか効果が得られないという人は意外に多いものです。
美白成分が有効なものであれば、肌に何の変化もないということは無いはずなのですが、一体何がいけないのでしょうか。
美白美容液の効果を正しく得るためのコツについて調べてみましょう。

肌サイクルを整える

美白美容液も、それ単独で今ある肌を白くするようなものは実はひとつもありません。
イメージ的に汚れ物を洗濯して真っ白にするような感覚を持っているかもしれませんが、その方法では肌を白くすることは出来ないのです。
ではどうやって肌が白くなるかと言えば、それは自前の肌サイクルをフル活用して、正しい肌の入れ替えをする方法しかありません。
つまり、もともとの肌サイクルが乱れていたのでは、いくら美白美容液を使っても効果が出ないということになります。

長期的な成分補給が必要

自前の肌サイクルを使って自分で肌をコントロールするということは、それだけ長い期間をかけて変化を加えていく必要があるということです。
なぜなら、人間の肌細胞はそう簡単に入れ替わったりはしないからですね。ひとつひとつの細胞の寿命は約28日

メラニン色素を持った細胞を下から押し上げて、古い角質として捨てるまでには少なくともそれ以上の期間が必要だということになります。
だから、なんとなく気になった時だけチョコチョコと美白美容液を使ったところで、それには何の意味もありません。

長期間、継続して、毎日コツコツ美白成分を肌に届けること。
これ以外に有効な使い方はないのです。

治すそばから傷めない

せっかく毎日美白美容液を使っているのに、毎日の生活でそれ以上のダメージを肌に与えていたのでは本末転倒ですね。
毎日美容液を塗っているのに結果が出ないと思っていたのは、実はダメージと往って来いでプラマイゼロになっている状態なのかもしれません。

ちょっと買い物に行くだけだから・・・ちょっとお昼を食べに行くだけだから・・・などと、UV対策をサボったり、アウトドアで1日じゅう強い紫外線を浴びたりする毎日では、いくら優秀な美白美容液を使っても美白は無理です。

高いお金をかけて、自分で何がしたいのかわからないような状況だけは作ってはいけません。

ページトップへ