シミを消す美容液は正しく選ぼう

美白美白と言いますが、本当に成分のことまでしっかり勉強して選んでいる人がいるかどうか、ちょっと疑問ですね。
宣伝文句や人のウワサ、目新しい製品に飛びつくだけではなく、自分の知識もちゃんと深めておいたほうが、絶対に自分に合った良い美白が可能になると思いませんか?

特にシミを消す美容液はそんなに安い単価のものでもありませんから、次から次へと散財するのもいかがなものかというところ。
本気で美白を目指すなら、ここでしっかり美白のおさらいをしておきましょう。

美白美容液のはたらきを知る

一般的に美白美容液と言われているものには、出来てしまったシミのメラニンを薄くするための成分や、これから表に出て来るであろうメラニンの予備軍の除去、メラニンを生成させないためのブロックなど、さまざまなはたらきをするものがあります。 自分に必要なのがどのはたらきで、どのように使い分ける必要があるかを知らなければ、的外れの美白美容液を手にしてしまう可能性があります。

自分がどうしたいかを明確にする

なんとなく白くてキレイな肌になりたいな、と夢のように憧れるのではなく、自分の肌を鏡でしっかりチェックして、どこをどうしたいかを明確にするのが本気の美白への第一歩です。

おそらく、ピンポイント的な部分と全体的な部分と、やりたいことは次第に分かれてくるはず。
それぞれの目的に合った手段を考えられるようになるはずです。

自分の肌質を知る

シミを消す美容液の中には刺激の強いものも少なくありませんし、取り扱いに注意が必要なものもあります。
商品を選ぶ際に、成分表を見て有効成分の配合量や他の添加物などをチェックする目も必要ですね。
特に女性の肌は年齢に伴いだんだんバリア機能が低下して刺激に弱くなる場合があります。
若い時に使っていた化粧品をそのまま使うことが肌の負担に変わる場合も多々ありますので、今の自分の肌の状態をしっかり知ることが大切です。

ただなんとなく良さそうだ、というイメージの段階から、もう一歩踏み込んだ形で商品を選べるようになると、美白の実現がグンと近づいてきます。

ページトップへ

シミを消す成分とは?

まずは、美白美容液に配合されている成分について知っておきましょう。
それぞれ有効なはたらきが違いますので、覚える必要があります。
メラニンが肌の中で作られる過程を阻害したり、出来たシミのメラニンを還元する作用のある成分など、それぞれのはたらきを使い分けたり、他の成分との合わせ技で使うことも多いです。
代表的な美白成分をリストアップしてみましょう。

ビタミンC誘導体(主にシミ予防効果)

ビタミンCは分子が大きく、そのままでは肌から浸透させることが難しいために誘導体という形で使われます。
誘導体と言うのは、簡単に言うと肌の中に入ってから再構築されてその成分に変化するもののこと。

ビタミンC誘導体は、体内に入ってから酵素のはたらきでビタミンCに変わる成分のことです。

ビタミンC自体は非常に美白に効果が高く、メラニンの生成を阻害したり、色素を還元したりすることが出来ます。

ただ刺激が強いために単体で使うと肌が荒れる人もいるため、乾燥を防ぐ他の成分と合わせて使われることが多いです。

ハイドロキノン(主にシミを消す効果)

最近では日本でも美白と言えばハイドロキノンと言われるようになりましたが、諸外国ではかなり昔から美白の代名詞とされてきた成分です。
肌の漂白剤とも言われ、出来てしまった色素を漂白したり還元したりする効果が非常に高い成分です。
ただし、作用が強い分、刺激も副作用も強く、安定性も悪かったためについ最近までは皮膚科処方限定の薬剤でした。
最近になって安定型ハイドロキノンが開発され、濃度に限定があるものの、一般的なスキンケアにも使って良いことになっています。

アルブチン(主にシミを消す効果)

ハイドロキノンが日本で認可されなかった時代に、ハイドロキノンと同じはたらきをする成分として国内で開発されたのがアルブチンです。
コケモモや梨などに含まれる天然成分で、ハイドロキノン同様チロシンキナーゼにダイレクトに作用します。

実は肌の中でハイドロキノンに変化する物質と考えれば良い成分で、αアルブチンもβアルブチンもハイドロキノン誘導体にあたります。
ハイドロキノンよりも安定していて刺激が少ないために、使い勝手が良く広く配合されています。

その他にもエラグ酸、トラネキサム酸、リノール酸S、コウジ酸、プラセンタなども、美白成分としてよく配合されている成分です。

ページトップへ

シミに効く栄養素とは?

皮膚に直接はたらきかけるスキンケアは美白美容液で行うとして、体内からも美白を積極的に行うために、食べて内部からはたらく栄養素にも注目したいですね。

どんな食材を食べれば肌細胞がより美しく生まれ変わってくれるのか、調べてみましょう。

シミに効果の高い栄養素

特に肌の健康と美しさに効果の高いと言われている栄養素は、以下の通りです。

ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、L-システイン、リコピン、アスタキサンチン、エラグ酸 など

これらの栄養素は色素の還元に効果があったり、肌を攻撃する活性酸素を除去するはたらきがある栄養素だと言われています。
それぞれを多く含む食材についても是非知っておきましょう。

シミに効く食材

水溶性のビタミンCを多く含む食材は、なんと言ってもレモンなどの柑橘類です。

ビタミンCは分子が大きいので肌から直接入れる場合には誘導体の形にする必要がありますが、食べて体内からはたらきかけるのも、もちろん有効です。

トマトやパプリカなどの野菜にもたくさん含まれますので、是非料理に加えてください。

抗酸化作用の高い食べ物と言えば、ビタミンEが豊富なナッツ類やごま、オリーブオイル、アボカドなどです。
これは脂溶性ビタミンで体内に蓄積されますので、上記のビタミンCのようにたくさん摂るのは控えたいですが、毎日少しずつ摂取すると効果的でしょう。

また、トマトに含まれるリコピンも高い抗酸化作用で知られていますので、是非食べたいですね。

ブロッコリーやにんじん、カボチャはβカロテンの宝庫です。食べるとビタミンAに変わりますので、美肌に良い食材です。

アスタキサンチンは最近になって注目されている成分ですが、エビ・カニなどの甲殻類やいくらやサーモンなどに含まれていて、メラニンの生成を抑制すると言われています。

同じようにメラニン抑制の力があるのがエラグ酸で、こちらはベリー系の果物に豊富に含まれています。
ベリー類は美味しいですし女性に人気ですから、是非採り入れてみてください。

ページトップへ